鎌倉テクノサイエンス
  • 東レリサーチセンター
  • 東レ株式会社
トップ > 試験受託 > 分子生物学試験 > 細胞関連
細胞関連
動物細胞を用いた遺伝子の一過的発現
ご提供いただいた発現ベクターを293T細胞、COS1細胞に導入し、培養上清を提供します。(図1)
ご指定の精製方法で、培養上清の精製もお受けします。(要相談)
導入する発現ベクターの構築もお受けします。



安定発現細胞の作製
ご提供いただいた発現ベクターを動物細胞(293細胞、CHO細胞等)にDNAトランスフェクション法により導入します。
薬剤選択により遺伝子安定発現細胞株(stable clone)を取得します。

RT-PCR法、ウエスタンブロット法、ELISA等にて目的遺伝子の発現を確認後、納品いたします。
ご要望により、作製した安定発現細胞を用いた各種評価系構築についてもサポートいたします。(要相談)
導入する発現ベクターの構築もお受けします。


転写ホットスポットへの遺伝子導入による安定発現細胞株の作製
細胞のゲノム上に存在する転写が安定的に起こる領域(転写ホットスポット)へ、目的遺伝子を簡便 かつ確実に導入する技術により、LoxPでマークした細胞の転写ホットスポットにご提供いただいた 遺伝子を導入し、短期間で目的遺伝子を安定に高発現する細胞株を取得します。


転写ホットスポットへの遺伝子導入による安定発現細胞株の作製方法(当社法)

・RT-PCR法、ウエスタンブロット法、ELISA等にて、目的遺伝子/蛋白質の発現を確認後、納品いたします。
・ご要望により、作製した安定発現細胞を用いた各種評価系構築についてもサポートいたします (要相談)。


当社法のメリット



当社法で作製した安定発現細胞の性能をお示しします。
従来法で作製したA酵素安定発現細胞(4.5.6)と比較し、当社法で作製したA酵素安定発現細胞はいずれのクローンも高い酵素活性を示した(2,3)。

従来法で作製したB受容体安定発現細胞(▽)と 比較し、当社法で作製した受容体安定発現細胞は化合物添加濃度の上昇に伴ってcAMP濃度が上昇した(●)。


組換え動物細胞株の樹立
T抗原遺伝子導入による不死化細胞株の樹立
DNAトランスフェクション法またはレトロウイルス感染法を利用し、ご要望の初代培養細胞にSV40T抗原を導入し、不死化細胞を樹立します。マクロファージ等では効率よく不死化細胞を樹立できます。
SV40T抗原遺伝子以外にc-Myc遺伝子等の導入もお受けします。


増殖因子受容体遺伝子導入による増殖因子依存性細胞株の樹立
IL-3依存性マウスproB細胞株Ba/F3にご希望の増殖因子受容体を導入し、導入増殖因子依存性細胞株を樹立いたします。
c-kit, mpl、EPOR遺伝子をBa/F3細胞に導入することにより、それぞれSCF、TPO、EPO依存性に増殖する細胞で実績があります。