鎌倉テクノサイエンス
  • 東レリサーチセンター
  • 東レ株式会社
トップ > 試験受託 > 安全性試験 > 医薬品 > 遺伝毒性試験
遺伝毒性試験
復帰突然変異試験(エームス試験)
細菌を用いて、必須アミノ酸の合成に関与する遺伝子に起こる復帰突然変異を指標に変異原性を検出する試験です。

使用菌株: ネズミチフス菌: TA100、TA1535、TA98、TA1537
大腸菌:  WP2uvrA
*2種の菌株(TA100、TA98)を使用した簡易評価も行っております

培養細胞を用いる染色体異常試験
培養細胞を用いて、染色体の形態や数の変化を指標に染色体異常誘発性を検出します

使用細胞: CHL/IU細胞(チャイニーズハムスター由来)

げっ歯類を用いる小核試験
被験物質を単回または複数回投与し、生体内における染色体異常誘発性の有無を検出します。

実施動物: マウス、ラット
投与経路: 経口、皮下、静脈内、筋肉内、腹腔内

コメットアッセイ
培養細胞や動物個体を用いて、細胞内のDNAの損傷を検出します。
コメット陰性例 コメット陽性例 解析画像例