鎌倉テクノサイエンス
  • 東レリサーチセンター
  • 東レ株式会社
トップ > 試験受託 > 体内動態試験 > 生体試料中の濃度分析
生体試料中の濃度分析
新規分析法の開発
生体試料(血漿・血清、尿、組織)に含まれる医薬品(未変化体、代謝物)や内因性成分などを高感度に測定する分析法をLC-MS/MSHPLCELISA法を用いて開発いたします。

測定対象: 医薬品(未変化体、代謝物)、内因性成分など
マトリックス: 生体試料(血漿・血清、尿、組織)
測定法: LC-MS/MS、HPLC、ELISA


分析法バリデーション
米国や欧州の医薬品関連ガイドラインに従い、生体試料中濃度測定法の妥当性を検証します。


濃度測定(PK/TK測定)
生体試料(血漿・血清、尿、組織)中に含まれる医薬品(未変化体、代謝物)や内因性成分などを、LC-MS/MS(API4000)、HPLCELISA法を用いて測定します。

測定対象: 医薬品(未変化体、代謝物)、内因性成分など
マトリックス: 生体試料(血漿・血清、尿、組織)
測定法: LC-MS/MS、HPLC、ELISA