鎌倉テクノサイエンス
  • 東レリサーチセンター
  • 東レ株式会社
トップ > 試験受託 > 体内動態試験 > 実験動物を用いた体内動態試験
実験動物を用いた体内動態試験
PK/TK試験
実験動物を用いたPKTK試験を、動物実験から濃度測定、データ解析まで一貫して実施します。

被験物質: 医薬品、食品・食品添加物、一般化学物質など
実施動物: マウス、ラット、イヌ
投与経路: 経口、静脈内、皮下、筋肉内、腹腔内、経皮


組織中濃度試験
実験動物を用いた組織中濃度試験を実施します。特に、金属ナノマテリアルの組織中濃度については、誘導結合プラズマ質量分析装置を用いて、生体試料中濃度を数ng/gのレベルで測定することが可能です。

被験物質: 医薬品、食品・食品添加物、一般化学物質など
実施動物: マウス、ラット
投与経路: 経口、静脈内、皮下、筋肉内、腹腔内


血液透析時の体内動態
血液透析による薬物動態への影響を評価するために、イヌを用いた血液透析実験を実施し、被験物質の血中濃度推移や透析クリアランスを評価します。また、尿毒素などの内因性物質の透析除去性も評価できます。

被験物質: 医薬品など
実施動物: イヌ(ビーグル)
投与経路: 静脈内