鎌倉テクノサイエンス
  • 東レリサーチセンター
  • 東レ株式会社
トップ > 試験受託 > 薬効薬理試験 > 循環器・代謝・呼吸器系
循環器・代謝・呼吸器系
血圧・心拍数に対する作用
麻酔下または無麻酔下(テレメトリー)で、被験物質が血圧、心拍数に及ぼす影響を評価します。(イヌ、ラット)

臓器血流量に対する作用
臓器における血流量を測定することで、被験物質が臓器血流量に与える影響を評価します。(イヌ、ラット)

血栓モデル
PIT法および塩化鉄法等を用いた血栓モデルを作製し、被験物質が血栓に与える影響を評価します。(イヌ、ラット、マウス)

高血圧モデル
アンギオテンシンⅡ、L-NAME等を投与して血圧を上昇させた動物を用いて、被験物質が高血圧に与える影響を評価します。(イヌ、ラット)

虚血性心疾患モデル
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)モデルを作製し、被験物質が虚血性心疾患に与える影響を評価します。(イヌ、ラット)

高脂血症モデル
ApoEノックアウトマウスを用いて高脂血症モデルを作製し、被験物質が高脂血症に与える影響を評価します。

肥満・糖尿病モデル
高脂肪食誘発、KKAy、db/db、ob/obマウス、ZDFラットなどの肥満糖尿病モデルを作製し、被験物質が血糖値およびインスリン抵抗性等に与える影響を評価します。

心筋虚血に対する作用
冠動脈結紮モデルや摘出心臓を用いて、被験物質が心筋虚血に与える影響を評価します。(イヌ、ウサギ、モルモット)

血小板凝集能に対する作用
ex vivo評価系あるいはin vitro評価系を用いて、被験物質が血小板凝集に与える影響を評価します。ww

気道抵抗性に対する作用
コンツェット・レスラー法を用いて、被験物質が無麻酔下の動物の気道抵抗性に与える影響を評価します。(モルモット)

肺線維化モデル【 詳細はこちら 】
ブレオマイシンを投与して肺線維化モデルを作製し、被験物質が繊維化の進行を抑制するか否かを評価します。(マウス)