お知らせ一覧

2020/10/27

マウス急性肺障害モデルを用いた薬効評価をはじめました。

マウス急性肺障害モデルを用いた薬効評価を承ります。
マウスにLPSを気管内投与して急性の肺障害を誘発し、肺胞洗浄液中の種々のサイトカイン測定、遊走してきた細胞の数などにより薬効評価を行います。

詳しくはこちらよりお問い合わせください。