CYP誘導試験(信頼性基準可)

  • Empty
  • Empty
  • Empty
  • Empty

薬物、あるいは健康食品やその有効成分の併用薬物に対する薬物相互作用を予測するために、ヒト凍結肝細胞を用いて、チトクロームP450(CYP)に対する誘導作用を評価します。mRNA発現量での評価の他、酵素活性での評価やDNAチップ3D-Gene®を用いた遺伝子発現解析も可能です。
医薬品開発における薬物相互作用に関する日米欧のガイドラインに従った対応が可能です。

対象分子種 CYP1A2, CYP2B6, CYP3A

学会発表情報(JSSXポスター)

実験方法

被験物質(誘導剤)をヒト凍結肝細胞に暴露し、mRNA発現量を定量PCRで解析し、誘導作用を評価します。

お取引の流れ

サービスの流れ

STEP1 メール、お電話、面談等にてお打ち合わせ
STEP2 ご契約
STEP3 試験開始
STEP4 納品

基本納品物

報告書

納期

探索試験の場合

信頼性基準の場合

関連サービス

試験のご依頼、ご相談は下記までお願いいたします。

お問い合わせはこちら

体内動態試験メニュー

用途分野別メニュー

試験分野メニュー