単回投与毒性試験(医薬品GLP、OECD-GLP、食品添加物ガイドライン可)

  • Empty
  • Empty
  • Empty
  • Empty

被験物質を実験動物に単回投与し、2週間の症状観察後、病理解剖学的検査を行い、おおよその致死量や毒性兆候が発現する用量を明らかにします。

動物種 マウス、ラット、イヌ等
投与経路 経口、静脈内、筋肉内、皮下、腹腔内等

実験方法

投与 1回(Day1)
症状観察 Day1頻回、以降1回/日
体重測定 Day1, 2, 4, 8, 11, 14
病理解剖学的検査 Day15

お取引の流れ

サービスの流れ

STEP1 メール、お電話、面談等にてお打ち合わせ
STEP2 ご契約
STEP3 試験開始
STEP4 納品

基本納品物

報告書

納期

関連サービス

試験のご依頼、ご相談は下記までお願いいたします。

お問い合わせはこちら

安全性試験メニュー

用途分野別メニュー

試験分野メニュー